救急医療の対応によって変わる救命率

7月 20, 2017 · Posted in · 救急医療の対応によって変わる救命率 はコメントを受け付けていません。 

救急医療においては、医師だけでなく看護師などの医療に携わるスタッフの役割分担が重要となります。
特に、患者の容態が悪く、救急車で病院に搬送されるというケースの場合には、病院に連絡が入った直後からの対応が患者の生死を分ける事も珍しくないのです。
医療に従事する人に求められる事は、患者さんの状態を常に把握し、最適な医療が行われるためにはどのように行動をすれば良いのかをそれぞれの医療スタッフが把握するという作業です。
例えば、救急車で病院に搬送されてきた患者さんの状態について救急隊員から報告を受け、医師に迅速に報告するという仕事が看護では重要となります。
しかし、現実的には救急医療においては予想外の事態が発生してしまうことも珍しくないのです。
例えば、今まで体調に問題が無かったように見えた患者さんであっても、急激な体調悪化により生命の危険が起きてしまうこともあるでしょう。
そのような場合に、体調の悪化した患者さんに対して医師の指示の下適切な処置をする必要があります。
医療現場においては人手が足りていないという現状があり、救急患者の受け入れに時間がかかる場合があるため、命を守るためにどのような応急処置が出来るかが看護を行う職員に求められるのです。
そのため、医療に関する知識だけでなく、常に患者さんの様子から状態を察知する能力が求められます。
また、救命に必要な機材の扱い方に関する講習を受ける事で救急医療の人手が足りていないという現状を改善できるのです。
もっと詳しく知りたい方は救急医療の今を読んでみてください。